産婦人科で行われている不妊治療|人工授精などを徹底解説

不妊を治療する

4人の医者

子作りに励んでいてもなかなか妊娠することが出来ない不妊のカップルは、不妊治療を行なうことによって妊娠することが出来ます。大阪の産婦人科などでも不妊治療が行なわれていますので、大阪に住んでいるという方は最寄りにある産婦人科に行ってみましょう。大阪で行われている不妊治療は様々な種類がありますが、その中でも自然妊娠に近いと言われている治療方法として挙げられるのが人工授精です。人工授精とは女性の子宮内に健康な精子を直接注入するという不妊治療で、安全かつ高い確率で受精させることができます。不妊治療の中には体の外で受精をさせる体外受精などがありますが、そのような不妊治療と比べると子宮内で受精させることができる人工授精は自然妊娠に近い不妊治療といえます。また、人工授精を行なうことによって男の子を産むか女の子を産むかを産み分けることができます。成功率は7割前後と確実に産み分けが出来るわけではありませんが、どちらを産みたいというこだわりが強い方にとって人工授精受精はメリットが大きい不妊治療です。
人工授精が行われるケースとして、男性側が無精子症という男性不妊の症状が出ている場合が多いです。人工授精を行なう際には排卵日誘発剤を使用して卵巣を成長させる必要がありますので、人工授精を行なうためには排卵があるというのが大きな条件となります。
人工授精は行なえば確実に妊娠できるというわけではなく、人工授精は一般的な妊娠の確率とそれほど変わりません。人工授精によって妊娠できる確率は1割前後となっており、人工授精を6回ほど行なえば多くの夫婦が妊娠に至ります。6回以降は人工授精の成功率はどんどん減少していきますので、6回目で妊娠しなかった場合は体外受精を行なうケースが多いです。大阪の産婦人科で行われている不妊治療はこの他にも様々なものがありますので、大阪の産婦人科で相談をして自分に合った不妊治療を実践しましょう。